iPhoneで写真やビデオをシェアする方法

バナー

iPhoneで写真やビデオをシェアする方法

SNSやコミュニケーションアプリなどの発達により、写真やビデオなどをおおくの人と共有することが用意になり、情報のシェアは現代の日本社会の有効なコミュニケーション手段の一つとなりました。


特にスマートフォンが普及してからは、撮影した写真やビデオをすぐさま他の人と共有することが非常に簡単になり、多くの人がスマートフォンの機能をフルに活用して、人と情報をシェアしコミュニケーションを図るようになったのです。

離れた人と写真やビデオを共有する際には、コミュニケーションアプリやSNSを使うのが便利ですが、近くにいる人とやり取りをする際にはいちいちアプリを起動してやり取りするのは、まどろっこしいと考えられます。
しかし、自分と相手がお互いにiPhoneを使っていれば、簡単にデータのシェアが可能となるのです。
iPhoneにはAirDropと呼ばれる機能が備わっており、この機能を活用することで、そばにいる人と用意にデータのシェアができるのです。
やり方ですが、お互いのiPhoneのAirDropが有効な状態でシェアしたい写真またはビデオを選択します。

その後「共有」のボタンをタップすると共有できる相手が表示されるので、その相手のアイコンをタップすることでデータの送信をすることができます。

相手側に送信された写真データやビデオデータは受信を表示する画面で「受け入れる」のボタンをタップすることでカメラロールにデータを保存することができます。

この機能を活用すれば、より綿密なコミュニケーションを図ることができるでしょう。


iPhone6sの機種変更情報をお届けします。